【お知らせ】

令和6年7月1日18時スタート

新宿はなれ店限定

ステーキ60分食べ放題

開催時間:18時〜ラストオーダー翌5時(毎日開催)

ステーキ食べ放題のご予約はこちらから(ヒトサラ予約)

(店舗地図)


令和6年2月19日

TBS系列「中居と大吾に言いたい人々」にて

「ステーキの虎」をご紹介いただきました。


令和6年1月25日

渋谷店ハンバーグ食べ放題

スタート

開催時間:毎日17時〜22時


令和5年9月15日

ハラペコステーキ

渋谷店オープン

令和5年9月上旬、渋谷区道玄坂へ出店が決定いたしました。

営業時間:24時間営業(年中無休)

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-18-6 秀峰ビル1-2階 TEL : 03-6712-7729


令和5年6月16日(金)より

ハラペコ 新宿はなれ店【限定開催】

「赤身ステーキ食べ放題」がスタート

お客様からのご要望の強かったステーキの食べ放題がいよいよ実現します。

赤身ランプステーキをメインにハンバーグ・チキンその他、もちろん

無限ライス・無限サラダ・無限スープを大食いのお客様も満足ラインナップを

揃えてお待ちしております。

ハラペコ 新宿はなれ店

東京都新宿区歌舞伎町1-12-1 KTビル2階 TEL:03-6205-5529


令和5年4月1日(土)

コーポレートロゴが変わりました。

#肉は人を幸せにする


令和4年9月10日(土)

粥杏仁(かゆあんにん)をデリバリー専門店としてオープンいたします。

1ヶ月間プレオープンを実施しました中華粥専門店「粥杏仁」(かゆあんにん)が「ハラペコステーキ はなれ」を9/10(土)デリバリー専門店としてオープンいたします。歌舞伎町で初登場の鶏とホタテの濃厚な中華粥をお楽しみ下さい。


令和4年7月1日(金)
ハラペコステーキ トー横店を、ハラペコ新宿はなれ店と改称いたします


令和4年2月1日(火)

六本木店の店名を変更します。

「ザ・ステーキ六本木」は、「ステーキの虎 六本木本店(TIGER THE STEAK ROPPONNGI)」へ店名変更いたします。



"フォークで裂ける赤身ステーキ"

"肉汁飛び出すハンバーグ"


低糖質・低脂質で健康的な毎日を過ごすには赤身肉のステーキが最適です。


令和4年8月25日

スーパーJチャンネルに取り上げていただきました。

レペゼンFOXX とのコラボレーション撮影がありました。


【店舗地図】

ハラペコステーキ 新宿本店 (HARAPEKO STEAK SHINJYUKU)

ハラペコステーキ 新宿はなれ店 (HARAPEKO STEAK HANARE)

ステーキの虎 六本木本店(TIGER THE STEAK ROPPONGI)

ハラペコステーキ 渋谷店 (HARAPEKO STEAK SIBUYA)


ホスホス様コラボイベント開催



What`s ハラペコステーキ?

米国産ブラックアンガス牛

正式名称をアバディーン・アンガスとする「アンガス牛」。スコットランド東部にあるアバディーンシャー、アンガスの2つのエリアが原産地と言われており、在来牛を改良した小型の肉牛として誕生し、アメリカを中心に世界で広範囲に生息しています。

「アンガス牛」はやわらかい肉質が特徴で、アンガス牛の出現により牛肉料理は煮込み料理からステーキのような焼き料理へと変遷していきました。 

オーロラビーフ

オーロラパッキングカンパニーは、1939年イリノイ州で創業した中堅パッカーです。

良質な牛が肥育される米国中西部の北方に位置しており、その利を生かしてオーロラビーフというブランドでアンガス種中心の高品位穀物肥育牛を独占的に供給してます。

 

希少部位 ”サガリ”

牛肉の中でもローカロリーでヘルシーな部位の「サガリ」。

 サシが少なくしっかりとした赤身ながら柔らかい肉質が特徴です。肉の塊で見ると細長い形をしています。

このサガリは一頭の牛からたった2kgほどしか取ることができないので、とても希少な部位です。 

健康志向の赤身肉

サガリのカロリーは、可食部100gあたり283キロカロリーです。ハラミは同重量で342キロカロリーあります。 横隔膜の部位でいうと、ハラミより低カロリーといえます。

そのヘルシーさから女性に人気が出てきています。

新宿歌舞伎町発。24時間営業の赤身ステーキ専門店

 

150g〜
50g毎
お好きなグラム
をお選び下さい



腹ペコさんを満足させる赤身ステーキ専門店


冷凍販売(ステーキ)準備中